人はどこで運命の出会いが訪れるかわかりませんが、自分から行動を起こさなければ出会いの可能性は限りなく低いままです。本気で出会いを探している人達の中で現在熱いのが街コンです。地域復興を兼ねた出会いのきっかけ作りであなたも運命の相手を探してみましょう。

  • ホーム
  • 人見知りの人が、話せるようになるには?

人見知りの人が、話せるようになるには?

元々人と話すことが苦手な人見知りの方もいらっしゃいますが、気持ち次第で初対面の方とも話せるようになります。
どういった克服方法があるのでしょうか。
それは実際に話して、話す事に慣れるしかありません。
どんなに人見知りであがり症の人でも、何度も経験して訓練することで人は不思議と慣れてきます。
たくさん経験することで人は学びますし、何度も繰り返すことで初対面の人とでも会話をしやすい話題が自然と身についてきます。
人見知りの人は、どこか自分に自信がなく不安な気持ちが強いのでしょう。
人と何度も会話をする機会を増やすことで上手く話せるようになると自信もついてきますし、人と話をする事に抵抗がなくなってきます。
気まずい沈黙の空気が流れても、慌てる事もなくなります。
とにかく話す事に慣れる事が大切です。

他にも人見知りの人が話せるようになる方法として、聞き上手になって相手とのコミュニケーションを上手く保つようにすることがあります。
会話は相手がいて成り立ちます。
自分が必死に話そうと思っていても、相手には窮屈な時間となりますし、沈黙の時間も居心地が悪いので会話のキャッチボールを上手く行うと人見知りの人でもスムーズに会話がつながります。
人見知りの人が無理に話そう話そうとするとかえってギクシャクする事もありますので、ある程度のゆとりをもって相手の話を聞いてあげるといった心構えの方が円滑に進みます。
適度にうなずき笑顔を忘れなければ良い印象を与えることができます。
初デートの場面などであれば、きっと2回目のデートにつながるでしょう。

また、話す事が苦手な方はある程度の会話を事前に用意しておくとよいでしょう。
初対面であれば、相手の事を知ろうと色々質問してゆけば何とか会話は成り立ちます。
そこでリサーチした相手の情報を2回目に会った時に、更に詳しく聞いてみたり、それに対して自分が興味を持って調べた知識や聞いてみたいことをある程度用意しておけば不安にならずにすみます。
相手の方にも自分の事をよく覚えていてくれて、リサーチしてくれていて嬉しいと好感を抱かれるはずです。

人見知りの人が話しやすくなる方法として、ありのままの自分を打ち明けてしまうのもよいでしょう。
恥ずかしがらずに、人見知りで話すのが苦手である事を初めに打ち明けてしまえば、楽な気持ちになれます。
変にカッコつけずに正直になる事で相手に理解してもらえますし、相手の見方も変わります。
人見知りと知らないままでは、相手にとってはぶっきらぼうな話し方をする人だと感じられることもあり、それは明らかに失礼になりますし、印象もよくありません。
開き直って素の自分を知ってもらうと話しやすくなります。